FC2ブログ

乾燥性敏感肌のカサカサ女が美肌を目指すブログ!!

美肌ケアをサボっていた元エステティシャンのカサカサ女の美肌を目指すブログです。
TOPスポンサー広告 ≫ 美肌を目指すなら洗顔は重要!!TOP未分類 ≫ 美肌を目指すなら洗顔は重要!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

美肌を目指すなら洗顔は重要!!

美肌を目指している方なら、朝晩念入りに洗顔していると思います。

でも洗いすぎていませんか?

私はニキビだらけだった過去、洗顔して汚れもニキビも落としたくって3~4回洗っていた気がします。
でも洗いすぎると、

必要な水分、皮脂まで取りすぎる
     ↓
  乾燥する
     ↓
肌を潤をわせようと皮脂の分泌が盛んになる
     ↓
毛穴が開いて皮脂と汚れが混ざる
     ↓
ニキビなどの肌トラブルがおこる

まさに悪循環です…。


こんなことにならないように、正しい洗顔方法を身に付けて欲しいです。
ということで、正しい洗顔方法をご紹介します。



クレンジング


まずクレンジングです。
洗顔もクレンジングも、できるだけ肌に負担を掛けないことが一番大切です!

クレンジングもたくさん種類があるので細かくは違うのですが、
共通して言えるのが、
クレンジング剤をケチケチしない!
適量を守りましょう!
です。

高いから…
もったいないから…
と、ケチると自分の肌に負担が掛かることを覚えておいてください。

少量で落とそうとするとスムーズに落とせず、どうしても擦ったりしてしまいます。
ゴシゴシは絶対NGです!!
将来たるみやシワの原因になります。


クレンジングは下から上へ


あごの方から耳の前、鼻の横からこめかみへ…と、
下から上へを意識して優しく優しくメイクを落としてください。


ポイントメイク


ポイントメイクはそれぞれに落とした方がいいです。
目元は口元は他と分けて落としましょう!

これにも理由があって、特に目元のマスカラやアイライナーなどは
ついついそのまま一気に落としたくなりますが、
そのまま一気に落とそうとすると目の周りなどに落としきれなかったメイクが残り、
それがクマや色素沈着の原因になってしまうこともあるのです。

一度コットンにクレンジング剤を取り、メイクをなじませてから丁寧に落としましょう!
面倒ですが将来の自分のために頑張りましょう。
ポイントメイクを落としてから全体を落として洗顔へ…という流れが楽です。
私は子どもをお風呂に入れる前にメイク落としをして、そのままお風呂で顔を洗っています。

ちなみに私は美容系専門学校時代の先生におすすめしてもらった
『ビオデルマ』という水タイプのクレンジングを使っています。

これ♡
bioderma

フランスの皮膚科医が開発した
敏感肌でも使えるクレンジングです。

詳細はこちら



写真のはミニボトルの方です。
小さいので旅行など持ち運びに便利ですよ。

保湿成分も入っているのでこのまま洗顔しなくてもいいそうです。
私はどうしても気持ち悪いので洗い流してますが…

ベタつかないので私のようにメイクを落としてからお風呂へ!という方や、疲れたから今すぐ寝たい!!という時に活躍してくれます。
私も肌がかなり荒れている時に出会ったので、敏感肌の方にも本当におすすめです。
肌が敏感でなかなか合うクレンジングない方がいたら試してみて下さい。



洗顔


メイクを落とした後は洗顔です。
洗顔もゴシゴシは絶対やめてください!!

1.髪を止める


おでこの髪の生え際などに汚れが残らないように髪をまとめるか止めてください。
汚れがそのままになっているとニキビなどの原因になる恐れがあります。


2.手を石鹸などできれいに洗う


意外にやっている人は少ないのですが、洗顔前の手洗いは本当に大切です!!
手が汚れたままだと手についている雑菌ごと顔に付けてしまうことになります!!
特にニキビや敏感肌の方!手の雑菌がトラブルの原因になることもあります。
是非手洗いしてから洗顔する習慣を身に付けましょう。


3.顔を濡らす


体温よりやや低いくらいのぬるま湯(流水)で顔を濡らしてください。
手で擦らず、両手ですくったぬるま湯で洗い流すイメージです。


4.泡立てる


洗顔料を泡立てましょう。
クレンジングと一緒でケチケチせず適量を守ってください。

イメージはホイップクリームです。
きめ細かいモチモチの泡を目指して少しずつ水を加えながら泡立てましょう!

上手く泡立てられない場合は洗顔ネットを使うとモチモチの泡が簡単にできますよ。


5.泡で洗う


しっかり泡立てられたら肌と手で泡を挟み込む感じで
手はできるだけ顔に触れずに泡で撫でるように優しく優しく洗ってください。
小鼻の際など細かい部分はこの洗い方では洗いにくいので例外です。
しっかり泡立てられると顔に吸い付くような感覚になるので気持ちいいですよ。


6.洗い流す


顔全体が洗えたら、最初と同じように体温より少し低いくらいのぬるま湯で洗い流してください。


7.押さえるように拭く


洗い残しがないように全体が流せたら、タオルで軽く押さえるイメージで優しく顔の水分を拭き取りましょう。
ここでもゴシゴシしないように気を付けてくださいね。


8.保湿


お肌の水分が蒸発しないように、できるだけ早めに保湿してください。




少しの手間でも惜しまず努力することが美肌への近道だと私は信じております。
できることから始めよう!が合言葉です。

最後までお読み頂きありがとうございました。



↓こちらをクリックして応援して頂けると嬉しいです♡

スキンケアランキングにも参加しました!
こちらも応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ
にほんブログ村
    




関連記事
未分類 | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

momoko

Author:momoko
産後一気に老け込んでしまった元エステティシャンのカサカサ女ことmomokoです。
ブログを書くことで自分にプレッシャーを与え、美に対する意識改革を行っていこうと企んでいます。基礎から再勉強中です。
肌質は乾燥性敏感肌です。
高校生の頃〜20代前半はひどいニキビ肌と戦っておりました。
20代前半〜現在、ライスフォースに助けられながら乾燥肌、敏感肌用化粧品を模索中です。

ブックマーク
こちらでブログをブックマークできます♡
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。